初級Mathマニアの寝言

数学は色々なところで応用可能であり、多くの人が数学の抽象的な概念の意味や意義を鮮明に知ることができれば今まで以上に面白い物や仕組みが生まれるかもしれません。このブログは数学を専門にしない人のために抽象的な概念の意味や意義を分かりやすく説明することを目的としています。数学を使って何かしたい人のお役に立てたら幸いです。

arXivについて

この記事はarXivについての個人的なメモです。

arXivとは

arXivとは理数系の英語の原稿を無料で読むことができる以下のウェブサイトです。

https://arxiv.org/

arXivは以下のような特徴を持ちます。

1) arXivは査読がないので誰でもすぐに掲載できます。一方で、専門誌は査読があるので投稿から掲載まで1年以上かかったりします。

2) 多くの場合、専門誌に投稿した論文もarXivに投稿できます。

arXivへの投稿は研究成果の優先権の確保になるので、似たようなことをやってる人がいそうな場合はできるだけarXivに投稿した方が良さそうです。最新の成果も速く広まりますし。

arXivに画像入りの論文を投稿するときの注意

arXivには、基本的にtexのソースファイルを投稿することになりますが、画像を入れるときは、画像のファイルも投稿することになります。texや図のファイルを投稿すると、arXivがpdfを作ってくれますが、texで

\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}

使っていたらダメ(arXivが生成したpdfは、本来あるはずの図が消滅した内容になっている)です。

図を載せるためには、\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}ではなく

\usepackage[pdftex]{graphicx}

を使うと良いです(TeXworksだと、これ使うとエラーになんだけど、arXivでは問題なくpdfを作ってくれる)

arXivに投稿する画像の入ったepsファイルのサイズを小さくする方法

arXivにアップロードするファイルは一つあたり400KB、合計で1MBの制限があるらしく、制限に引っかかるためepsファイルをアップロードできないことが多いです。そのため、epsファイルのサイズを小さくする方法を知っていると良いです。小さくする方法はたくさんありますが、一例をあげると、epsファイルを「GSview」で開き、Fileからconvertを選びResolution(解像度)を300に設定すると、見た目はほとんど変わらないで良い感じに小さくなったepsファイルが出来上がります。

arXivに投稿した自分の原稿はこんな感じです。

1) 与えられた行列に最も近いグラフラプラシアンを構成する方法を提案した論文。

[1802.06482] Optimal Graph Laplacian

2) 多数のリーダーがいるマルチエージェントシステムのリーダーの数を減らしたときに、リーダーを入れ替えた方がもとのシステムのパフォーマンスに近くなるか否かを論じた論文。結論は、入れ替えない方が近い。

[1802.06479] Optimal leader selection and demotion in leader-follower multi-agent systems

3) 安定な線形システムの最強のモデル低次元化法を提案した論文。これより良い結果になる方法はない。

[1803.01523] Riemannian optimal model reduction of stable linear systems

4) IEEE Transactions on Automatic Control に掲載された論文。このように掲載済みの論文も出版社がarXivにアップすることを許している場合がある(出版社によっては掲載してから2年たったら許すとかがある)。ここで説明している正定値対称行列全体の集合のリーマン幾何学は制御理論だけでなく、信号処理、情報幾何などの研究でも役立つと思われる。

[1803.04097] Structure-preserving $H^2$ optimal model reduction based on Riemannian trust-region method

5) リーマン多様体上の最適化手法を用いた状態遷移行列に対称性をもつ連続時間線形システムの同定法

[1804.10379] Riemannian optimal system identification method of linear continuous-time systems with symmetry